〈「レジリエンス(Resilience)」とは、危機に対処する社会の回復の意味です〉

設立総会の概要

お知らせ
共同代表に就任し挨拶をする横倉義武・日本医師会名誉会長

令和3年6月8日、都内のホテルにて、医療界、経済界、防災関係、自治体関係の代表が相集い、「感染症と自然災害に強い社会を ニュー レジリエンス フォーラム」の設立総会が開催されました。

まず、共同代表の松尾新吾・九州経済連合会名誉会長より、開会の挨拶が行われ、次に役員発表の後、活動方針を事務局長の濱口和久・拓殖大学特任教授・防災教育研究センター長が発表しました。

共同代表挨拶は、横倉義武・日本医師会名誉会長が、「緊急時に国民の命と生活を守るため、今こそ従来の組織の垣根を超えて広く各界が結集して連帯し、感染症と自然災害に強い社会をつくることが求められている」と力強く訴えました。

その後、来賓のご挨拶を、加藤勝信・内閣官房長官からいただきました。

各界からのご挨拶として、防災関係から、河田惠昭・関西大学特別任命教授・社会安全研究センター長、医療界から、松本尚・日本医科大学特任教授、経済界から、井上隆・日本経済団体連合会常務理事と大坪清・関西経済連合会副会長が登壇され、自治体関係からは佐竹敬久・秋田県知事よりビデオメッセージが寄せられました。

最後に閉会の挨拶を発起人の、山本信夫・日本薬剤師会会長が述べて、設立総会は盛会の裡に終了しました。

報道記事へのリンク

MEDIFAX web

「感染症と自然災害に強い社会の構築を」  医療界と経済界で新組織 | MEDIFAX web(メディファクス ウェブ) - 医療の総合情報サイト
「感染症と自然災害に強い社会を」と訴えた横倉氏=8日、グランドアーク半蔵門  医療界、経済界などが連帯し、感染症と自然災害に強い社会の構築を目指す「ニュー レジリエンス フォーラ…

日本経済新聞(会員向け記事)

(短信)感染症対策強化で提言へ 医療や経済界関係者
医療界や経済界、地方自治体の関係者は8日、感染症や自然災害に強い社会づくりをめざす会議体「ニュー レジリエンス フォーラム」の設

 

タイトルとURLをコピーしました